手紙の書き方

時候の挨拶(2月・如月)

手紙の書き方で、2月(如月)に使える時候の挨拶をご紹介します。

スポンサードリンク

改まった手紙

立春、向春、早春、春浅、春雪、春寒、晩冬、残雪、雪解、余寒、残寒、厳寒、梅花、紅梅、梅月、梅鴬、中陽、節分、寒明け、
(上記を使用する場合は「~の候」「~のみぎり」「~の折」のいずれかを繋げる)

  • 余寒厳しき折柄
  • 春寒ややゆるみ
  • 寒気は冴えかえり
  • 余寒なお去りがたき折から
  • 立春とは名のみの寒さ
  • 三寒四温の時節
  • 暦の上に春は立ちながら

「時候の挨拶」 + 「安否の挨拶」の使用例

  • 立春の候、貴社いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳しい寒さが続いております。ご家族様には、その後お健やかにお過ごしのことと存じます。

親しい人への手紙

  • 春の陽気が待ち遠しい今日この頃
  • 雪解けの水もようやくぬるみ
  • 梅便りが聞こえる今日この頃
  • 冬の名残りがなかなか去らず
  • 鶯の初音が聞かれる頃となりました
  • いくらか寒さも緩み
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます

「時候の挨拶」 + 「安否の挨拶」の使用例

  • 春の陽気が待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしですか。
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、春の訪れを感じます。皆さんお変わりございませんか。

スポンサードリンク

このページの先頭へ

ビジネスや日常生活における正しい手紙の書き方マナーと、月別・季節別・行事別の用途に応じた手紙の書き方 文例・例文。