手紙の書き方

手紙の折り方と封入の向き

スポンサードリンク

手紙の折り方@和封筒(三つ折り)の場合

手紙の折り方マナーの基本として、最も使用されるのが和封筒の三つ折りです。

改まった手紙を書く場合、便箋は白無地を使用するように、封筒も白無地のものを用い、二重の封筒か少し厚めの封筒に入れます。
弔事やお見舞いの手紙の場合には、不幸が重ならないようにとの意味から一重の封筒を使うことがマナーです。

また、封入の際は必ず「のり」で閉じましょう。セロハンテープやホッチキスは使用不可です。封筒をのり付けしたら封じ目に「封」や「〆」と書いて投函します。


和封筒(三つ折り)の折り方

  • 手紙の書き出しが右上にくるように文面を表にして置く。
  • 下から上に1/3折り上げる。
  • 残りの1/3を上から下に折り重ねる。
  • 「拝啓」などの書き出しが上、便箋の上端が右になるように封入する。(封筒の表側から見て左)

このページのTOPへ戻る

手紙の折り方@和封筒(四つ折り)の場合

通常もっとも多く使われる正式な折り方は三つ折りですが、封筒の大きさによっては四つ折りにする場合があります。

受け取る側の取り出しやすさ、読みやすさを考えて手紙の折り目はできるだけ少なくし、開いてすぐ読める向きで入れるのがマナーです。

四つ折りの場合も、封入の際は必ず「のり」で閉じ、セロハンテープやホッチキスは使用不可です。封筒をのり付けしたら封じ目に「封」や「〆」と書いて投函しましょう。


和封筒(四つ折り)の折り方

  • 手紙の書き出しが右上にくるように文面を表にして置く。
  • 下から上に半分に折り上げる。
  • もう一度下から上に半分に折り上げる。
  • 「拝啓」などの書き出しが上、便箋の上端が右になるように封入する。(封筒の表側から見て左)

このページのTOPへ戻る

手紙の折り方@洋封筒(縦書き)の場合

洋封筒は、案内状(ダイレクトメール含)、招待状、挨拶状などを送る場合に使われることが多く、カードや写真を同封する場合にも適しています。

和封筒だけでなく洋封筒においても白無地の封筒を使用するのが基本で、絵柄の入ったものや色のついた封筒は、親しい相手に送る時のみに使用するようにしましょう。

また、親しい相手ではあっても弔事やお見舞いの手紙には白無地の手紙を送ることがマナーです。

弔事やお見舞いの手紙において、洋封筒を縦書きにする際は、通常の手紙とは封じ目が逆になるように綴じるため、逆さまにしても使用できる郵便番号の枠が無い洋封筒が適しています。


洋封筒(縦書き)の折り方

  • 手紙の書き出しが右上にくるように手紙文を表にして置く。
  • 左から右に半分に折り合わせる。
  • 下から上に半分に折り上げる。
  • 手紙の書き出しが左上になるように封入。(封筒の表側から見て右)

このページのTOPへ戻る

手紙の折り方@洋封筒(横書き)の場合

横書きの封筒は、便箋同様親しい相手に送るカジュアルな手紙として使われるもので、改まった手紙には通常使用しません。

時代の流れと共に、横書きの手紙を利用するケースも増えてきましたが、目上の人に宛てる場合や、改まった内容の手紙を送る場合は縦書きの便箋と封筒を使用することがマナーです。


洋封筒(横)の折り方

  • 手紙の書き出しが左上にくるように手紙文を表にして置く。
  • 下から上に半分に折り上げる。
  • 右から左に半分に折りあわせる。
  • 手紙の書き出しが左上になるように封入。(封筒の表側から見て右)

スポンサードリンク

このページの先頭へ

ビジネスや日常生活における正しい手紙の書き方マナーと、月別・季節別・行事別の用途に応じた手紙の書き方 文例・例文。