6月(水無月)に使える時候の挨拶をご紹介します。

また、手紙の構成では、「時候の挨拶」の後に「相手方の安否を尋ねる挨拶」が続きますので、ここでは、「時候の挨拶 + 安否の挨拶」の例文もご紹介しています。

スポンサーリンク

「改まった手紙」に適した時候の挨拶

入梅、梅雨、梅雨寒、梅雨空、長雨、小夏、初夏、立夏、首夏、青葉、深緑、夏秋、麦秋、向暑、薄暑
(上記を使用する場合は「~の候」「~のみぎり」「~の折」のいずれかを繋げる)

  • 若葉青葉の候
  • 時候不順の折
  • 爽やかな初夏を迎え
  • 雲の晴れ間の青空も懐かしく
  • 初夏の風に肌も汗ばむ頃
  • 暑さ日増しに厳しく

「時候の挨拶」+「安否の挨拶」の例文

  • 梅雨寒の折、貴社いよいよご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 爽やかな初夏を迎え、木々の緑も日増しに深くなってまいりました。ご一同様には、なお一層お健やかにお過ごしのことと存じます。

「親しい人への手紙」に適した時候の挨拶

  • すがすがしい初夏の季節となりました
  • 雨に映える紫陽花の花も美しく
  • うっとうしい梅雨の季節となりましたが
  • 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃
  • 初夏の風に肌も汗ばむ頃
  • 木々の緑が目にしみる今日この頃
  • 吹く風も次第に夏めいてまいりましたが

「時候の挨拶」+「安否の挨拶」の例文

  • すがすがしい初夏の季節となりました。皆さんいかがお過ごしですか。
  • 雨に映える紫陽花の花も美しく、爽やかな季節となりました。皆さんお元気でいらっしゃいますか。

スポンサーリンク