手紙の書き方

時候の挨拶とは

時候の挨拶とは、季節や天候に応じた心情や季節感を現す言葉で、「頭語」の後に続く礼儀文です。

「時候の挨拶」とその後に続く「安否の挨拶」を一まとめにして書くことで、より表現しやすくスッキリとした文章になります。

ここでは、季節ごとに使える時候の挨拶の文例・例文と、「時候の挨拶 + 安否の挨拶」の使用例を紹介していますので参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

時候の挨拶 文例・例文

季節別・月別 時候のあいさつ

改まった相手・親しい人へ宛てる場合の書き方の例文を、それぞれ月別に掲載しています。

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月

年中使える 時候のあいさつ

ビジネス文書などでは、季節を問わず年中使える時候の挨拶として「時下」を用いる場合があります。時下とは、「このところ」「今現在」などの意味合いを持つものですので、春夏秋冬を問わず使うことができます。

<使用例> 
「拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。」

スポンサードリンク

このページの先頭へ