手紙の書き方

手紙の書き方・基本構成

スポンサードリンク

縦書きの手紙

目上の人や改まった手紙を書く場合、便箋は白無地の縦書きを使用することがマナーです。

手紙の書き方基本構成(縦書き)

■前文

1. 頭語
  手紙の一番初めにくる挨拶で、末文の結語とセットで用います。

2. 時候の挨拶
  季節や天候に応じ、心情や季節感を現す言葉を頭語から1字あけて書き始めます。

3. 安否のを尋ねる挨拶
  相手の健康や安否を気遣う言葉を入れます。

4. 自分方の安否・現況を知らせる挨拶
  自分の現況を知らせる言葉を添えます。

5. 感謝・お礼の挨拶お詫びの挨拶
  お世話になった方への感謝の言葉、ご無沙汰している事へのお詫びなどを付け加える
  場合もあります。

■主文

6. 起語
  主文の冒頭に起語を置き、本文に入るための繋ぎとします。

7. 本文
  改行位置や敬語の使い方、誤字・脱字に十分注意し、目的を明確にできるだけ簡潔に
  書き上げましょう。

■末文

8. 結びの挨拶
  用件をとりまとめ、今後の健康や繁栄を祈る言葉を時候と絡めて書きます。

9. 結語
  頭語とセットで使用します。

■後付け

10. 日付
  縦書きの場合は漢数字で、年号を含めた日付を書きます。

11. 署名
  差出人の名前を書きます。

12. 宛名
  フルネームで、本文よりも大きめの文字で書きます。
  宛名には必ず敬称をつけ、連名にする場合は必ずそれぞれの名前に敬称を付けます。

  (脇付け)
  現在ほとんど使用されることはありませんが、相手にいっそうの敬意を表す場合、
  宛名の脇(左下)に書き添えます。

■副文

13. 追加文
  本文で書き忘れた用件の付け足しを「追伸」「二伸」などとして記します。
  重なるイメージが失礼となる弔事、結婚、お見舞いなどの手紙や、目上の人に宛てる
  場合は、使用しないことがマナーで、副文は基本的に親しい人への手紙に使用します。

スポンサードリンク

このページの先頭へ

ビジネスや日常生活における正しい手紙の書き方マナーと、月別・季節別・行事別の用途に応じた手紙の書き方 文例・例文。