手紙の書き方

手紙の書き方・基本構成

スポンサードリンク

お知らせ文書の基本構成(ビジネス文書、案内状、招待状等)

ビジネス文書や案内状、招待状などは、縦書きにする場合もありますが、横書きで作成するのが一般的です。

手紙の書き方基本構成(案内状・招待状・ビジネス文書等)

■前付け(縦書きの場合=末文の後に後付け)

1. 文書番号、発信年月日
  文書番号はビジネス文書において記載しますが、内容や会社によって必要でない場合も
  あります。

2. 宛名
  主な宛名には「社員各位」「関係者各位」「お客様各位」などのように複数に宛てた
  書き方と、「○○会社 ○○様」のように個人に宛てた書き方とがあります。

3. 署名
  出す側の名前や会社名を書きます。

■タイトル

4. タイトル
  文書の件名を記載します。

■前文

※ビジネス文書では、お詫びの挨拶は基本的に使用しません。また、社内文書においては前文の全てを省略します。

5. 頭語

6. 時候の挨拶

7. 安否のを尋ねる挨拶

8. 感謝・お礼の挨拶

■主文

※さて、ところで、などのお起し言葉からはじまり、本文を簡潔に書き上げます。

9. 起語

10. 本文

■末文

※前文同様、社内向けのビジネス文書において、末文は不要です。出欠の返信を求める場合は、末文にて返信期日を書き加えましょう。

11. 結びの挨拶

12. 結語

■別記

13. 用件の詳細
  書き出しを「記」とし、日付、場所、連絡先などの詳細を箇条書きにします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ

ビジネスや日常生活における正しい手紙の書き方マナーと、月別・季節別・行事別の用途に応じた手紙の書き方 文例・例文。