手紙の書き方

時候の挨拶(1月・睦月)

手紙の書き方で、1月(睦月)に使える時候の挨拶をご紹介します。

スポンサードリンク

改まった手紙

初春、新春、迎春、小寒、大寒、厳寒、酷寒、極寒、烈寒、甚寒、寒冷、寒風、降雪、冷雨、厳冬、仲冬
(上記を使用する場合は「~の候」「~のみぎり」「~の折」のいずれかを繋げる)

  • 新春を寿ぎ
  • 麗らかな初日の光を仰ぎ
  • 初春の光さやけく
  • 松の内の賑わいも過ぎ
  • 寒気ことのほか厳しく
  • 寒気厳しき折柄
  • いよいよ寒気がつのり

「時候の挨拶」 + 「安否の挨拶」の使用例

  • 初春の候、貴社いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 新春を寿ぎ、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

親しい人への手紙

  • 初春とはいえ厳しい寒さが続いております
  • 寒い日が続きますが
  • 正月気分もようやく抜け
  • 寒に入り寒さひとしお厳しくなってきました
  • 雪の舞う寒さ厳しい今日この頃
  • ビルの谷間を吹きぬける木枯らしの音に
  • 星も凍るような寒い夜

「時候の挨拶」 + 「安否の挨拶」の使用例

  • 寒い日が続きますが、ご家族そろって穏やかな新春をお過ごしのことと思います。
  • 寒に入り寒さひとしお厳しくなってきました。皆さんお変わりございませんか。

スポンサードリンク

このページの先頭へ

ビジネスや日常生活における正しい手紙の書き方マナーと、月別・季節別・行事別の用途に応じた手紙の書き方 文例・例文。