手紙の書き方

季節を問わず年中使える「結びの挨拶」

手紙の書き方で、季節を問わず年中使える一般的な「結びの挨拶」をご紹介します。

スポンサードリンク

相手の健康、幸福、繁栄などを祈る挨拶

  • 何卒お身体おいといください。
  • 何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。
  • 健康にはくれぐれもご留意ください。
  • 末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
  • 皆々様の益々のご健勝を心よりお祈りいたしております。
  • 皆様方のご無事息災を心よりお祈り申し上げます。
  • くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。
  • 貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。
  • 時節柄、ご自愛専一にご活躍ください。
  • 時節柄、どうぞご自愛くださいませ。
  • 天候不順の折、何卒ご自愛ください。
  • 風邪など召されませぬようご留意ください。
  • どうぞ穏やかにお過ごしください。
  • 体調を崩されませぬようご留意ください。
  • 心穏やかにお過ごしください。

今後の厚誼、鞭撻を願う挨拶

  • 今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。
  • 引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
  • 今後とも変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。
  • 今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
  • 宜しくお引き回しくださいますようお願い申し上げます。
  • 末永いお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。
  • 何卒お力添えをいただきますようお願い申し上げます。
  • 今後ともよろしくお願いいたします。

用件をまとめる挨拶

  • まずは右ご連絡まで。
  • 取り急ぎ、用件のみ。
  • 取り急ぎ御礼まで。
  • 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。
  • 右、書中をもってご案内申し上げます。
  • まずは書中にて御礼申し上げます。
  • まずは御礼かたがたご挨拶まで。
  • 改めましてご挨拶に伺います。
  • 取り急ぎ、一筆ご連絡まで。
  • まずは用件のみにて失礼いたします。
  • 右取り急ぎお詫び申し上げます。
  • まずは謹んでお悔やみ申し上げます。
  • 略儀ながら書状にて、ご冥福をお祈りいたします。

※「ご挨拶」「御礼」「お祝い」「ご連絡」「ご案内」「お知らせ」「ご報告」「お見舞い」「ご返事(お返事)」など、用件により、言葉を入れ替えて使用できます。

乱筆、乱文を詫びる挨拶

  • 乱筆乱文お許しください。
  • 乱筆乱文お詫び申し上げます。
  • 乱筆乱文のほど、ご容赦願います。

伝言を頼む挨拶

  • 末筆ながらご家族様へくれぐれも宜しくお伝え願います。
  • この趣、皆様にもご伝言ください。
  • 皆様へよろしくお伝えくださいませ。
  • 家内からもよろしく申しております。

返事を求める挨拶

  • 諸事ご多用のことと存じますが、ご返事賜りたくお待ちいたしております。
  • 折り返しご一報賜りたくお願い申し上げます。
  • 恐縮ではございますがご返事のほどお願い申し上げます。
  • ご多用の折、誠に恐れ入りますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸いです。
  • 恐縮ではございますが、何分の御回答をお願いいたします。
  • ご返答をお待ち申しております。
  • 折り返しご一報ください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ