年賀状は、日頃お世話になっている人からご無沙汰している相手まで、新年の挨拶として幅広く利用される季節の挨拶状です。

最近では印刷された年賀状の使用が目立ってきましたが、手書きで一言添えるなどして、心のこもったメッセージを送りたいものです。

スポンサーリンク

年賀状を書く時期

1月1日~1月7日の間に届くようにします。
できるだけ元日に届くよう早めに投函し、1月7日(松の内)を過ぎてしまった場合には「寒中見舞い」として出しましょう。

年賀状を書く時の注意点

年賀状を書く際、基本的には他の用件を書きませんが、「結婚報告」「出産報告」「転居報告」は兼ねて出してもかまいません。

上司や目上の人へ送る年賀状と、親しい間柄で送る年賀状は、たとえ印刷であっても同じにはしません。
相手に合った「賀詞」を使用し、プライベートで関わりを持たない上司に子供の写真を載せた年賀状を送ったり、ビジネスで使用する年賀状に個人的な内容を書いたりすることがないよう使い分けることが礼儀です。

また、年号に続く月日の書き方については、1日に届かないことが明らかな場合は「元旦」を使用せず、「正月」「一月」などとします。

  • 頭語と結語は不要
  • 期限を守って出す
  • 賀詞は少し大きめの文字で書く
  • 印刷ハガキを使用する場合にも手書きで一筆添えると好印象

賀詞の種類

年頭の挨拶には、さまざまな種類があります。
失礼がないよう、送る相手に合った賀詞を使用しましょう。

送る相手 賀詞
目上
  • 謹賀新年
  • 恭賀新年
  • 敬頌新禧
  • 謹んで新年(年頭、年始、新春、初春)のお慶び(お喜び、ご祝詞、ご挨拶)を申し上げます
  • 新春を寿ぎ謹んでご挨拶(ご祝詞)を申し上げます
目下・友人
  • 賀正
  • 迎春
  • 頌春
  • 新春
  • 慶春
  • 寿
親しい友人
  • 明けましておめでとうございます
  • 新年おめでとうございます

年賀状の基本構成

  1. 賀詞(新年の挨拶)
  2. 昨年お世話になったことへの御礼
  3. 新年のお付き合いを願い、相手の健康や繁栄を祈る言葉
  4. 年号・月日 …… 「平成○年元旦」「二○○○年一月」「平成○年一月一日」など
  5. 添え書き(一言添える場合は、他が印刷であってもできるだけ手書きで)
  6. 差出人の氏名、住所、郵便番号、(電話番号)

年賀状の文例

年賀状の文例はこちら

スポンサーリンク