事故見舞いの手紙は、思いがけない突然の事故に遭ってしまった相手を励まし勇気づけ、全快を祈る書状です。不安に思う相手を気遣い、温かで思いやりのある文面を心がけましょう。

また、事故の程度によっては身体の自由が利きにくい場合も考えられるため、手伝いを申し出るなど力になりたい旨を伝えると親切です。

スポンサーリンク

事故のお見舞い@文例

文例1

急啓 不慮の事故に遭われ、入院されたと聞き及び、大変驚いております。お怪我の具合はいかがでしょうか。
 ご家族の皆様におかれましても、さぞご心痛のことと拝察いたします。
 突然の入院で気がかりもおありかと存じますが、どうかご養生専一に、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。
 私でお役に立てることがございましたら、どうぞ遠慮なくお申し越しください。近いうちに、お見舞いに伺いたいと存じます。
 まずは取り急ぎ、書中にてお見舞い申し上げます。

不一 

平成○年○月○日

文例2

前略 おじ様が突然の交通事故に遭われたと、母から聞きました。
 命に別状はなく、ひとまず安心とのことですが、その後の経過はいかがですか。
 相手方の無謀な運転による事故であったとのこと、おば様もさぞ不安な思いをされたことでしょう。
 できることならすぐにでも駆けつけたいのですが、遠方のためお見舞いに伺うことができず、本当にごめんなさい。
 どうかお大事に、一日も早いご快復を心からお祈りしています。
 ささやかながらお見舞いの品を別便にてお送りしましたので、どうぞお受け取りください。
 まずは書中にて、お見舞いまで。

かしこ 

平成○年○月○日

スポンサーリンク