借金延滞を詫びる手紙では、言い訳がましくなったり弁解や自分の言い分をくどくど書いたりするような文面は厳禁です。

約束の期限を過ぎる前に、返済が遅れてしまう事情を簡潔に明記し、新たな返済期日や返済方法を申し出るとともに誠意ある姿勢で謝罪をします。

期限が過ぎてお詫びの手紙を送ったり、近日中には返せるからといって連絡なしに待たせたりすることがないよう、事情を理解し借金の申し出を受け入れてくれた相手を不安にさせない配慮も必要です。

また、必ず返すといった文面が形式的な挨拶のみにならないよう誠実な姿勢を示し、返済の見通しが立たず困難な場合には早めに詫びて相談をしましょう。

スポンサーリンク

借金延滞のお詫び@文例

文例1:借金延滞のお詫び

前略 先日は突然の申し出をお聞き入れくださり、誠にありがとうございました。
 おかげ様で、何とか窮状を凌ぐことができました。改めて御礼申し上げます。
 本日は、お約束いたしておりました返済期日について、お詫びとお願いを申し上げたく、筆を執らせていただきました。
 実は、当初予定しておりました入金に遅れが生じる見通しとなり、○月○日の返済期日に間に合いそうもございません。身勝手なお願いではございますが、○月○日までご猶予いただけませんでしょうか。
 返済の遅れにつきましては弁解の余地もなく、深くお詫び申し上げます。
 ○月○日には、必ずお返しいたしますので、何卒ご容赦くださいますよう、伏してお願い申し上げます。
 心苦しくも、まずはお詫びとお願いを申し上げます。

草々 

平成○年○月○日

文例2:返済の目処が立たない場合

前略 先般は、厚かましいお願いをご快諾くださり、誠にありがとうございました。
 おかげ様で、何とか窮地を脱することができました。心より御礼申し上げます。
 本日は、返済のお約束につきまして、ご猶予をいただきたきたく、お便りを差し上げた次第です。
 ○○様のご厚意に報いるべく金策に奔走いたしておりましたが、結果は思わしくなく、未だ返済の目処が立っておりません。
 返済の遅れにつきましては弁解の余地もございませんが、これ以上ご迷惑をおかけすることのないよう、全力を尽くしております。
 返済の目処が立ち次第、必ず全額お返しすることをお約束いたしますので、身勝手なお願いではございますが、ご了承いただけませんでしょうか。
 誠に心苦しく存じますが、何卒ご寛恕くださいますよう、伏してお願い申し上げます。
 取り急ぎ、お詫びとお願いを申し上げます。

草々 

平成○年○月○日

スポンサーリンク