入学祝いのお礼状は、中学生以上になれば親だけでなく本人にも書かせることが望ましく、感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。

小学校入学時に関しては、親の手紙に書き添えたり同封するなどの工夫をし、身内や親しい間柄であれば、絵を同封するなどしても良いでしょう。

いただいたお祝いの具体的な感想や、現金をいただいた場合にはその使い道を報告するなど、喜びを素直に表現し、感謝の気持ちを伝えます。

また、御礼の言葉とともに新生活に向けての抱負や希望、心境などを述べ、前向きな表現を心がけましょう。

スポンサーリンク

入学祝いのお礼状@文例

親からのお礼状

拝啓 春草萌えいづる季節を迎え、○○様には、その後お元気でお過ごしのことと存じます。
 このたびは、長男○○の高等学校入学に際し、お心のこもったお祝いの品をいただき、誠にありがとうございました。
 ○○様の日頃からのご助力に支えられ、たくましく成長していく我が子を見て、親としての喜びをしみじみとかみしめているところでございます。改めて、心より御礼申し上げます。
 今後とも親子ともども誠心誠意努力し、成長してまいる所存でございますので、引き続きご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
 浅春の折、何卒ご自愛専一にてお過ごしください。
 本人からも改めてお礼状をお送りしたいと申しておりますが、まずは取り急ぎ、お礼申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

本人からのお礼状

○○叔父さん、入学祝いをありがとうございました。
 ○○叔父さんからいただいたお祝いで△△を購入し、学校生活に役立てる予定です。ずっと使い続けられるよう、大切にしたいと思います。
 入学後は、○○部に所属することを今から楽しみにしています。もちろん勉強も精一杯頑張り、中学校での3年間を充実したものに出来るよう努力したいと思いますので、応援していてください。
 お盆には、○○叔父さんといろいろな話ができるのを楽しみにしています。
 本当にありがとうございました。

○○(署名)

平成○年○月○日

スポンサーリンク