退職祝いのお礼の手紙では、お祝いをいただいたことへのお礼、送別会や激励の言葉をいただいたお礼など、在職中にお世話になった方々へ心からの感謝の気持ちを伝えます。

今後の予定を報告する場合には、簡潔で前向きな文面になるよう心がけましょう。

職場を離れると同時にこれまでのお付き合いが途絶えてしまうのは寂しいものです。今後のより良いお付き合いを願い、また、先方の健康を気遣う一文や活躍を祈る一文を書き添えるなどして、心温まるお礼状にしたいですね。

スポンサーリンク

退職祝いのお礼状@文例

文例1

拝啓 麗春の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 このたびは、私の退職に際しまして、お心のこもったご祝詞を頂戴し、心より御礼申し上げます。
 在職中は、公私にわたり格別のご厚情を賜り、心より感謝いたしております。
 今後は、趣味や旅行などを存分に楽しみながら、毎日を大切に一層充実した人生を送りたいと存じます。
 今後とも何卒倍旧のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
 陽春のみぎり、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍を祈念申し上げます。
 略儀ながら、まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

文例2

拝啓 若葉萌える好季節を迎え、○○様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
 さて、先日は私の退職にあたり、ご丁寧なお手紙とお祝いの品をいただき、誠にありがとうございました。
 在職中は、○○様をはじめ、皆様の温かいご指導のおかげで、充実した日々を過ごすことができました。改めて御礼申し上げます。
 今後は、○○様より賜りました多くの教えとご恩を胸に、更なる飛躍を目指し、決意を新たに努めてまいる所存です。
 今後とも、変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。
 季節の変わり目でございます。何卒お身体おいといください。
 まずは、御礼かたがたご挨拶まで。

敬具 

平成○年○月○日

スポンサーリンク