家や会社の新築は、多くの人にとって一生に一度しか経験することのない一大事です。

形式的な美辞麗句を終始するよりは、新築に至るまでの努力を称え、達成感を共に喜び、自分の言葉で新居を褒める文面を工夫すると良いでしょう。

新居に招待を受けた場合は、そのお礼も兼ねて祝い状を書きますが、嫉妬深い表現や忌み言葉には十分注意が必要です。

スポンサーリンク

新築祝いの手紙@文例

会社新築の祝い状

謹啓 藤花の候、貴社におかれましては益々ご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 平素は、格段のご厚誼を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、このたびは新社屋のご竣工、誠におめでとうございます。
 これもひとえに、○○社長をはじめ、皆様方のご精励のたまものと存じ、感服いたしております。
 これを機に、貴社がなお一層ご繁栄されますことを、心よりお祈り申し上げます。
 当社社員一同も、誠心誠意努力して参る所存でございますので、今後ともご厚誼ご指導の程、何卒お願い申し上げます。
 略儀ながら書中をもちまして、お祝いとご挨拶を申し上げます。

謹言 

平成○年○月○日

自宅新築の祝い状(改まった相手へ)

拝啓 菊薫る五月、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、このたびはかねてご建築のご新居がご落成されたとの由、心よりお祝い申し上げます。
 大変便利な土地柄であるにも関わらず、自然豊かな素晴らしい環境の中で住まわれると伺っております。ご家族の皆様もさぞかしお喜びのことでございましょう。
 ご転居も間もないゆえ、何かとご多忙のことと存じますが、落ち着きましたらぜひ一度、ご新居拝見に伺いたく存じます。
 なお、ささやかではございますが、お祝いのしるしに○○を別送いたしましたので、ご笑納いただければ幸いです。
 末筆ながら、ご家族の皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

自宅新築の祝い状(親しい相手へ)

○○様
 念願のマイホームを新築されたとのこと、おめでとうございます。
 海の波音が優しく響き、自然に恵まれた素晴らしい環境であるとか。うらやましい限りです。
 お子様たちも目をきらきらと輝かせて喜んでいらっしゃることでしょう。
 そちらが落ち着いた頃、ぜひ一度、お祝いかたがた遊びに伺いたいと思っています。
 とりあえずは、心ばかりのお祝いの品を別便にてお送りしましたので、お納めいただければ幸いです。
 ご家族の皆様のますますのご多幸を○○の地より祈っています。
 まずは右、お祝いまで。

○○(署名)

平成○年○月○日

スポンサーリンク