成人式の祝い状は、これまでの成長を喜び、今後の活躍への期待とともに激励するものです。堅苦しい表現をせず、自分の言葉で素直に喜びの気持ちを伝えましょう。

親しい間柄であれば、幼い頃からの思い出を振り返るようなエピソードを交えるなどして、成長を感じさせるようなフレーズを添えてもよいでしょう。

成人となる自覚を促すとともに、新たな門出を祝し、ご両親へのねぎらいや成長の喜びなどを伝えるようにします。

スポンサーリンク

成人式(成人の日)の祝い状@文例

本人宛に送る場合

○○さん、成人おめでとうございます。
 ご家族の皆様の祝福を受けて、希望に満ちた成人の日を迎えられたことでしょう。
 幼い頃はご両親の背中で泣いてばかりいた○○さんも、立派に成長され、早くも二十歳を迎えるのかと思うと、時の速さに驚くと共に、感慨深い思いがします。ご両親もさぞお喜びのことでしょう。
 深く温かい愛情を持って守り育ててくださったご両親に感謝して、毎日を大切に暮らしてください。
 大人であることの責任と自覚を持ち、大いにご活躍されますことを心からお祈りしています。
 お父さんとお母さんにも、どうぞよろしくお伝えください。
 まずは成人のお祝いまで。

○○(署名)

平成○年○月○日

ご両親に宛てる場合

拝啓 初春の候、ご家族の皆様には、なお一層お健やかにお過ごしのことと拝察いたしております。
 さて、このたびご令嬢○○様には、めでたく成人の日を迎えられたとのこと、心よりお慶び申し上げます。
 一社会人としてご立派にこの日を迎えられた○○様のお姿に、ご両親様もさぞかしご満悦のことと存じます。
 ○○様には、今後の新たな社会の担い手として大いにご活躍されますことを、心よりお祈り申し上げます。
 ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げますとともに、略儀ながら書中をもちまして、成人のお祝いを申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

スポンサーリンク