還暦祝いとは、満60歳(数え年61歳)を迎える方の長寿の祝いです。

長寿国となった現代、本格的な長寿の祝いの始まりを、70歳の古希や77歳の喜寿からとするご家庭も増えており、還暦祝いは、長寿の祝いとせず、日頃の感謝の気持ちを述べるとともに、第二の人生の始まりともされる人生の節目を祝い、今後の健康や活躍を祈る祝賀になりつつあります。

現役で活躍される方が多い長寿の祝いであることから、老人扱いは厳禁です。人生の先輩に尊敬の念を表し、真心のこもったお祝いの手紙になるよう工夫しましょう。

若々しさを具体的に述べ、今後の健康を祈る言葉を書き添えて、忌み言葉の使用にも十分注意します。

スポンサーリンク

還暦祝いの手紙@文例

恩師・上司へ

謹啓 春爛漫の候、○○様にはますますご壮健にて還暦をお迎えとの由、心よりお慶び申し上げます。
 今もなお第一線でご活躍の○○様のご様子には、敬服いたすばかりでございます。
 常日頃の並々ならぬご指導ご厚情に心からの感謝と敬意を込めまして、心ばかりのお祝いの品を贈らせていただきました。ご受納いただければ幸甚に存じます。
 これを機に、ますますご壮健にてご活躍くださいますよう、心よりお祈り申し上げます。
 略儀ながら、まずは書中をもちまして還暦のご祝詞を申し上げます。

謹白 

平成○年○月○日

親へ

お父さん、還暦おめでとう。
 還暦とは言え、健康で活動的なお父さんに、長寿という言葉は似合わないけれど、このおめでたい人生の節目に、心からのありがとうを言わせてください。
 口ではなかなか言えないけれど、深く温かな愛で私たち家族を支えてくれたお父さんを、私は誇りに思っています。
 これからも、お母さんといたわり合い、励ましあって、世界一素敵な長寿を目指してください。
 還暦のお祝いと、日頃の感謝の気持ちを込めて、お祝いの○○を贈ります。
 常日ごろから本当にありがとう。どうかこれからもお元気で。

○○(署名)

平成○年○月○日

義親へ

牡丹の花が咲き誇り、日中は汗ばむ季節となりました。皆さんお元気でいらっしゃいますか。
 お母さんには、○月○日で還暦をお迎えとのこと、おめでとうございます。長寿と呼ぶには若すぎるお母さんのお姿をお見かけするたびに、その秘訣をぜひ教えていただきたいと思っておりました。
 これを機に、ますます若返られ、持ち前の明るさと変わらぬ笑顔でいついつまでもお祝いを重ねられますようお祈りいたしております。
 心からの感謝の気持ちを込めて、ささやかながら還暦祝いに○○をお贈りしました。
 夏に帰省した際は、家族そろって盛大にお祝いしましょう。
 お父さんにもどうかよろしくお伝えください。
 まずは右、お祝いまで。

かしこ 

平成○年○月○日

祖父母へ
(60歳という若さのため、幼児~小学校一年生くらいのお子様向けのものを掲載しています。)

おじいちゃん、60さいのおたんじょうびおめでとう。
いつもやさしくしてくれてありがとう。
だいすきなおじいちゃんのために、みんなでえらんだプレゼントをおくりました。たのしみにしていてください。
おじいちゃんがずっとげんきでいられるように、おじいちゃんのにがおえをかいて、おまもりもつくりました。
これからも、ずっとげんきでながいきしてください。
いっしょにいっぱいあそぼうね。

○○(なまえ)

へいせい○ねん○がつ○にち

スポンサーリンク