手紙の書き方

手紙の書き方用語集

スポンサードリンク

脇付け、外脇付けとは

※脇付けと外脇付けの併用をしないよう注意しましょう。

脇付け

脇付けとは、「後付けとは」で述べたように、相手にいっそうの敬意を表す場合に宛名の脇(左下)に書き添えるものですが、現在はほとんど使用されなくなっています。

脇付けを書く場合、便箋と封筒に書く脇付けは同じにしますが、ビジネス文書やハガキ、弔慰状、電子メールでは使用しません。

<脇付けの例>

一般 机下、座右、案下、座下、足下
目上 侍史、膝下、台下
女性 御前、みもとに

外脇付け

外脇付けとは、手紙の内容や添付書類についての説明を行うためのもので、外脇付けを用いる場合、脇付けよりもさらに左下に赤い字で書き添えます。

<外脇付けの例>

宛名人以外の開封厳禁 親展、親披
急ぎの場合 至急、急信
返信を求める場合 拝答、待貴答
内容を明記する場合 ○○在中

<封筒に書く場合の脇付けと外脇付けの位置の例>

脇付けと外脇付けの位置の例

スポンサードリンク

このページの先頭へ

ビジネスや日常生活における正しい手紙の書き方マナーと、月別・季節別・行事別の用途に応じた手紙の書き方 文例・例文。