手紙の書き方

病気のお見舞い

病気見舞いの手紙は、相手を励まし勇気づけ、全快を祈る書状です。不安に思う相手を気遣い、温かで思いやりのある文面になるよう心がけましょう。

病状が思わしくない場合はご家族宛に送り、ご本人の安否を気遣い激励する言葉とともに、看病しているご家族をねぎらう言葉を書き添えます。

病名や病状の詳細を必要以上に聞いたり、療養中の仕事について述べたりするなど、相手にプレッシャーを与えたり感情を高ぶらせたりする内容はNGです。

直接お見舞いに訪ねない場合は、「御見舞い」を同封してもかまいません。

スポンサードリンク

病気のお見舞い@文例・例文

改まった相手へ

急啓 突然のご入院(ご病気)との報に接し、大変驚いております。その後のお加減はいかがでしょうか。
 日頃ご壮健な○○様でございますから、じき快方に向かわれることと信じておりますが、どうかご無理をなさいませんよう、この機会に十分ご静養されてください。
 ご家族の皆様におかれましても、突然の看護生活でお疲れのことでしょう。私にお手伝いできることがございましたら、どうぞ遠慮なくお申し越しいただき、何卒お身体を大切になさいますようお祈り申し上げます。
 機会をみてお見舞いに伺いたいと存じますが、取り急ぎ、書中にてお見舞い申し上げます。

不一 

平成○年○月○日

親しい相手へ

前略 本日、○○さんが入院されていることを知り、びっくりしました。
 ご無沙汰ばかりで知らずにいたとはいえ、お見舞いが遅れてしまいましたこと、大変申し訳なく思っております。その後の経過はいかがですか。
 すぐにでもお見舞いに駆けつけたいのですが、遠方のため、それもかないませんことをどうかお許しください。
 次回お会いできます日には、元気いっぱい笑顔の○○さんでありますよう、焦ることなく治療に専念し、全快の日の早からんことを心からお祈りしています。
 ささやかながらお見舞いの品を別便にてお送りいたしましたので、どうぞお納めください。
 まずは書中にて、お見舞いまで。

かしこ 

平成○年○月○日

スポンサードリンク

このページの先頭へ