手紙の書き方

宛名(敬称)の書き方

手紙やハガキの宛名につける「敬称」とは、送る相手に対して敬意を表す言葉です。
一般に使用される敬称【様・御中・各位・先生・様方・気付】について解説しています。

スポンサードリンク

個人に宛てる 

個人に宛てる「様」の使用例

年齢、性別、社会的地位などに関わらず、個人名の後に付けて、広く一般的に使用される敬称です。
書き言葉・話し言葉などの制限もありません。

殿
個人名に使用される敬称には、「様」以外に「殿」があります。
「殿」は主に書き言葉として使用される敬称で、官公庁や企業などの公的文書や、表彰状の受賞者名等に使用されます。
最近では、「殿」は格下や同格の相手に使用する接尾語であるとの見方が一般的になっているため、官公庁や企業などの公的文書においても「様」を用いるケースが増えています。

特定の個人に宛てる先生

「先生」の使用例

「先生(せんせい)」は、教師、講師、医師、弁護士、会計士、牧師、議員、作家・・・など、一般的に「先生」と呼ばれる教育関係者や特定の職業に就く人に対して使用される敬称です。

「先生」に「様」や「殿」を重ねて二重敬称にならないように注意しましょう。(×○○先生様、×○○先生殿)

組織・団体に宛てる御中

「御中」の使用例

会社・学校・病院・役所など、組織や団体に宛てる場合の敬称を「御中(おんちゅう)」と書きます。

宛先に部署名、課名を書く場合は、「社名→部・課名→御中」の順に書きます。

組織・団体に所属する個人に宛てる

企業・団体に所属する個人に宛てる「様」の使用例

会社に勤める社員など、企業や団体に所属する個人に宛てる場合の敬称は「様」です。


企業・団体名

(部・課名)

(肩書き)

個人名


 代表取締役・部長・課長・係長などの「肩書き・役職名」は氏名の前に置き、「肩書き→氏名→様」と書くことが最も正しい書き方です。
 下の名前が不明な場合は苗字だけでもかまいませんが、できるだけフルネームを書くことが望ましいです。

 手紙の文中や口語では、役職名を氏名の後に接尾語としてつける場合があります。この場合は、役職名自体が敬称の意味を含む言葉になりますので、「様」などの敬称を重ねて付ける必要はありません。(○渡辺課長 ×渡辺課長様)

 また、役職名の前に氏名を置かず、役職名だけを単独で使用する場合は、接尾語ではなく名詞としての意味を持った言葉になりますので、「様」などの敬称をつけても問題ありません。(営業部長殿、総務課長様 など)

複数の個人に宛てる各位

「各位」の使用例

複数の個人を対象とする場合に敬意を表す敬称を「各位(かくい)」といい、主にビジネス文書や案内状などのお知らせ文書に使用されます。

使用例:「各位」「社員各位」「関係者各位」「お客様各位」「保護者各位」 など

「各位」は単独でも使用できる敬称ですが、その後に「様」や「殿」をつけると二重敬称になりますので注意します。(×各位 殿 ×関係者各位 様 ×代理店各位 御中)

A宅 を介して B に宛てる~様方 ~様

「~様方」の使用例

「~様方(さまかた)」とは、手紙やハガキを個人宅に送る際、送付先住所の世帯主と受取人の苗字が異なる場合に使用される敬称です。

主に、居候や下宿、結婚して苗字が変わった妻が里帰り出産で実家へ帰省したときなど、一時的に別世帯(異なる苗字)の住所に身を置く場合に使用されます。


例:宇都宮太郎さん宅を介して山本美穂さんに届けたい
   →宇都宮様方 山本美穂様

A社 を介して B に宛てる~気付 ~様

「~気付 ~様」の使用例

「気付(きづけ)」とは、送付先住所の企業・団体に所属しない相手に対して、その企業・団体経由で手紙や荷物を届けたい場合に使用します。

企業・団体を介して個人に宛てる場合は、「住所→団体名(社名や部署名 等)→気付→○○様」の順に書きます。


【例1】
(宿泊施設・ホテルを介して、宿泊者に送る)
〒123-4567
東京都新宿区○○1-2-3
△△ホテル 気付
○○○○ 様  (←自分に送る場合は「○○○○ 行」)

※利用者の出入りが多いホテルなどに送る場合は、あらかじめホテルに電話連絡を入れた上で、宛名の脇や送り状に宿泊日または宿泊予定日の記載をするなど、宿泊施設で荷物を預かる従業員の方へ配慮することも大事です。

【例2】
(A社の一室を一時的に間借りしているB社のCさんへ)
〒123-4567
東京都新宿区○○1-2-3
株式会社AA 気付
株式会社BB
CCCC 様

【例3】
(出版社を介して、そこに出入りする作家に送る)
〒123-4567
東京都新宿区○○1-2-3
△△出版社□□編集部 気付
○○○○先生

A社 を介して B社 に宛てる~気付 ~御中

「~気付 ~御中」の使用例

「気付(きづけ)」とは、送付先住所の企業・団体に所属しない相手に対して、その企業・団体経由で手紙や荷物を届けたい場合に使用します。

企業・団体を介して、別の企業・団体に宛てる場合は、
「住所→団体名(社名や部署名 等)→気付→○○御中」
の順に書きます。

【例】
・A社の一室を一時的に間借りしているB社へ
・A社を一時的に連絡先として使用しているB社へ

 〒123-4567
 東京都新宿区○○1-2-3
 株式会社AA 気付
 株式会社BB 御中

スポンサードリンク

このページの先頭へ