倒産・リストラ等、会社都合で退職することにとなり、挨拶状を出す場合でも、今後の不安や会社への愚痴など、マイナスの表現は悪印象となります。

退職の理由を「一身上の都合」とするなど、込み入った内容はできるだけ避け、これまでのお付き合いの御礼や今後の報告などを中心とした挨拶通知を出しましょう。

スポンサーリンク

会社都合による退職@文例

文例1

拝啓  春暖の候、皆様におかれましてはいよいよご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、私儀 このたび○月○日をもちまして、一身上の都合により
○○会社を退職いたしました。在職中は公私にわたり一方ならぬご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。
 今後につきましては未定の状態ですが、詳細が決まり次第改めてご挨拶申し上げたく存じますので、今後ともよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。
 略式ながら書中をもちましてご挨拶を申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

文例2

拝啓  若葉萌えいづる頃、皆様におかれましては、ますますご健勝のことと拝察いたしております。
 ほかでもありませんが、私こと、このたび○年間にわたり勤めさせていただきました○○会社を退職することと相成りました。
 退職に際しまして大変にご心配をいただき、誠にありがとうございます。これまでの並々ならぬご指導ご鞭撻に深謝いたしますとともに、今後とも変わらぬお付き合いの程、何卒お願い申し上げます。
 取り急ぎ書中にて御礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

スポンサーリンク