会社や店舗の廃業により閉鎖をする場合には、支払いの清算や諸手続きなどが必要になってきます。そのため、取引先に迷惑をかけないためにも、閉鎖が決定したらできるだけ早く挨拶状を送りましょう。

通知しづらい内容ですが、お客様や取引先に対してご迷惑を詫びるとともに、これまでの感謝の気持ちを込めた温かい丁寧な書き方を心がけます。

スポンサーリンク

会社・店舗閉鎖の通知@文例

取引先、関係者へ

拝啓 初秋の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、突然ではございますが、弊社は○○年の創業以来、皆様の多大なるご支援のもと営業を続けてまいりましたが、諸般の事情により来る○月○日をもちまして業務を終了する運びとなりました。
 長きに亘るご支援ご厚誼に心より御礼申し上げますとともに、ご迷惑をおかけする結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。
 皆様のますますのご健勝ご活躍を心よりお祈り申し上げます。
 略式ながらまずは書中をもちまして廃業のお詫びとご挨拶を申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

○○○○株式会社

代表取締役 ○○○○

(所在地、連絡先等)

顧客、知人へ

拝啓 秋麗の候、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、突然ではございますが、当店「○○○○」は○年の創業以来、○十年余事業を続けてまいりましたが、来る○月○日をもちまして閉店することになりました。
 長年にわたり賜りました皆様のご芳情に謹んで御礼申し上げますとともに、突然の閉店でご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
 何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 皆様の末永いご多幸とご健康をお祈り申し上げまして、略式ながら閉店の挨拶とさせていただきます。

敬具 

平成○年○月○日

○○○○

代表 ○○○○

(所在地、連絡先等)

スポンサーリンク