手紙の書き方

弔電・弔辞のお礼状

弔電・弔辞のお礼状では、いただいた心遣いへのお礼とともに、生前の厚情に感謝する気持ちを述べ、今後のお付き合いを願う一文を書き添えます。

故人の氏名、無事葬儀を終えたことの報告を記述し、悲しみを強調したり、暗い文面で相手を困惑させることのないように注意しましょう。

時候の挨拶などの前文も不要です。

スポンサードリンク

弔電・弔辞のお礼状@文例・例文

例文1・・・弔辞の御礼

故○○儀 葬儀に際しましては ご多用中にもかかわりませずご来駕くださいましたうえ ご丁重なご弔辞ならびにご厚志を賜り 謹んで御礼申し上げます
亡父になりかわりまして 生前賜りましたご厚情に深謝申し上げますとともに 今後とも 生前同様変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
本来ならば参上して御礼申し上げるべきところ 略儀ながら書状をもちまして御礼申し上げます

平成○年○月○日

文例2・・・弔電の御礼

このたびは亡母○○の永眠に際しまして お心のこもったご弔電ならびにご厚志を賜り 厚く御礼申し上げます
私どもも温かいお心遣いに励まされ おかげ様で葬儀もとどこおりなく相営むことができました
○○様より賜りました生前のご厚情に心より御礼申し上げますとともに 母亡き後も 生前同様のご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
早速拝趨のうえ御礼申し上げるべきところではございますが 略儀ながら本状をもちまして謹んで御礼申し上げます

平成○年○月○日

スポンサードリンク

このページの先頭へ

ビジネスや日常生活における正しい手紙の書き方マナーと、月別・季節別・行事別の用途に応じた手紙の書き方 文例・例文。