発表会の案内状・招待状は、開催日の1週間~2週間くらい前までに相手の元に届くように送ります。

催しの内容、日時、場所などを明記し、発表会の形式など、詳細を書き添えて送るとより親切です。

どんな内容の発表会であろうとも、自慢気な書き方で相手に不快感を与えることのないよう、あくまでも低姿勢を貫いた謙虚な表現を心がけます。

スポンサーリンク

発表会の案内状・招待状@文例

ビジネス用(取引先やお客様へ)

○○年○月○日

○○関係者 各位

○○株式会社

代表取締役 ○○○○

新製品発表会開催のご案内

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は、格別のご交誼を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、かねてより弊社にて研究開発を進めてまいりました新商品○○○○を、来る○月○日より販売いたす運びとなりました。
 つきましては、一般発表に先立ちまして、皆様方よりご批評ご批判を頂きたく、左記の要領で発表会を開催したいと存じます。
 諸事ご多用のことと存じますが、何卒ご来臨を賜りますようご案内申し上げます。

敬白 

日時  平成○○年○月○日(○) 午後○時○分~
場所  ○○○○○
     電話番号 ○○○-○○○-○○○○
     (JR○○線○○駅下車徒歩○分)

以上 

一般用(知人・友人など)

拝啓 菊花薫る好季節、皆様にはその後いかがお過ごしですか。
 さて、このたび毎年恒例の第○回ピアノ発表会を、左記の通り開催することになりました。
 一年間の練習の成果を、皆様方に是非ともご鑑賞いただきたく、生徒一同懸命に励んでおります。
 ご多用の折とは存じますが、何卒、会場にてご声援を賜りたく、ここにご案内申し上げます。

敬具 

平成○年○月○日

○○ピアノ教室

講師 ○○○○○

日時  平成○○年○月○日(○) ○時~○時
会場  ○○○ホール
     電話番号 ○○○-○○○-○○○○
     (JR○○線○○駅下車徒歩○分)

以上 

スポンサーリンク